【お風呂の変わりに清拭~ガスの節約】
お風呂を1回沸かすと160円、毎日入れば4800円…。

これを何とかしなければ!

お風呂に入らなくても清潔を保てる方法は…。

「そうだ!清拭ってどう?」

清拭とは、病気などでお風呂に入れない時に、
ホットタオルでカラダを拭くこと。

仕事で今まで沢山の患者さんの体を拭きました。
さらに自分が風邪のときとかも、実際拭いてみると、さっぱりします。

「そうよ!私、無職なんだから、働かざるもの、食うべからず!
働かざるもの、節約するべし!」

で、朝起きて、夏なので水でタオルをぬらして絞り
カラダを拭いてみたら、あらスッキリ!

乾布摩擦的な効果もあるのか、本当スッキリなんですよ。

夏だし、温かいし、全然いけるよ~。
エネルギー使わず、水だって洗面器3杯くらいだし、なんてエコ。

そして丁寧に全て拭くので、シャワー浴びるよりも、スッキリ。
耳の後ろとか、脇の下とか汚れやすいところは、アルコール綿で拭くとグー!

髪はさすがに拭くことは無理なので、洗髪しますが、
今はお湯側のぬるまゆでいけちゃいます。

ガスなしでもいけるじゃん!
洗面器にアロマオイルちょっといれたら、さらにいいんじゃな~い?
こりゃ~、なんも暑い夏に毎日お風呂入らなくてもいいよお。

って、今、清拭で過ごしている私です。

石鹸を使わないでいいの?と思う方もいるかと思いますが、
私は三十路過ぎて、お風呂でも全身には石鹸を使っていないのです。

三十路すぎると油分も足りないくらいです。
石鹸は油分を取りすぎて、肌が乾燥してしまうんです。

なので、毎日のお風呂では、お風呂の中でカラダをタオルでこするだけ、
数日に一回重曹風呂にして、カラダをこするだけです。

今は蕁麻疹で掻いた跡がきたない手足ですが、
それまでは脱毛のお姉さんにも肌キレイですね。って言われていたので
他人から見ても問題はないと思います。

今回引っ越の忙しさのせいにして、
今まで台所石鹸を4倍で薄めて泡にしてつかっていたものを、
原液で使ってしまっていたら、
その日に手先にあかぎれが出来てしまったのには驚きました。

それだけ、石鹸は脂分をとってしまう作用が強いんだ~って。

私は肌が弱いのでそうなのかもしれませんが、
一般のひとにも、けして良いとはいえない気がします。

三十路過ぎたら、石鹸の使用も考えるべし、です。

あ、あくまで私基準です。

昨日も先輩と「仕事は一生懸命してきた人生だけど、一番大事な女磨きをさぼっていた」

「外見も中身の一部、外側を良くするなんて、自分を偽ることになる。とかいって、
ありのままが一番といっていたけど、それはたんなる、女をさぼっていたってことじゃあないか」
「偽るまではいかなくても、中身より、ちょっとは良く見えるようにすることは必要だ」
「今からでも遅くない!オンナ磨きをさぼらないようにしよう!」
っていってるくらいの私ですから、

女子として、参考にはならない可能性大です。

そもそも、お皿洗いだって、手袋しなさい!って感じですよね(笑)

あ、昨日の先輩も、3万5000円?ぜんぜんいい!キレイだし明るいし
静かで落ち着くお部屋だ。といってくれましたよ。

外見はいいでしょ!って自信はないですが、
おうちの中はいいでしょ!って自信があります(笑)

あ、けれどお風呂は清潔を保つだけのものではなくて、
汗をかいたり、カラダを暖めたりという付加価値があるので、

それをどう補うかって思ってます。

運動して、筋肉つけなきゃ~な。




Secret
(非公開コメント受付不可)

Sueさんへ♪
夏の東京は湯船ってかんじじゃないですもんね。
シャワーで十分!

北海道はなんだか、すでに夏も終わりっぽい雰囲気濃厚なんですよお。
すごく熱い!って日はほんの数日。

今日の朝の清拭もちょっと肌寒かったりして。

熱いのもつらいと思いますが、
ガスのことを考えると、ちょっといいな、って思います(笑)
No title
私は夏の間は湯船につかりません。(笑)
はじめまして^^! 「まゆ」です

『まゆ』

  • Author:『まゆ』



  • はじめまして「まゆ」です。
    35歳まで一人暮らしでしたが、
    36歳で結婚、38歳で出産
    今は三人暮らしになりました☆
    私41歳夫48歳姫3歳の
    晩婚晩産家族です。

    私の偏った節約生活、
    ほとんど日常を
    日記に書いていますので、
    よろしかったら、読んでくださいね☆

    看護師
    ケアマネージャー
    整理収納アドバイザー
    ファイリングデザイナー
    心理カウンセラー
    の資格持っています☆
    ようこそ、はじめまして、まゆです。

    ▽「お金一年生」に載りました☆