【クセになるてきぱき収納法を読んで】
クセになるてきぱき収納法を読みました。

読んで、嬉しいびっくり。
私が何年も前に「収納ってすごい!楽しいことなのかも!」と夢中で読んだHPを
お気に入りにいれなかったので、そのあと探せなかった。その人が書いた本だったんです。

キャミソールの収納。どこかで見たと思っていたのですが、この人がアイデア元ですよ~。
しかもこの本はけっこう収納やシンプルライフの本を読んだ私も、
「そうだよな~よ~し!!」ってやる気にさせてくれるくらい、読み物としても面白いです。

収納の方法を参考にする、というよりも、
メインは、なんで収納や整理整頓は必要なのか、っていうことを教えてくれる感じです。
コラムっぽいのが時々あり、「ちゃんと家事しなさい!」と怒られているようですが、それがまたいい。
「ほんとうに、そのとうり、私、しっかりしなきゃ」と、すべてにうなずける感じですよ。

この本は、すべての人に一読してもらいたいです。(男も女も)
家事のことで、旦那さんや妻や子供に不満のある人とか、
家事に追われて疲れてる人とかにもいいいかもです。

私の場合再確認できたのが、捨てれない人から、捨てれる人になったはいいけれど、
逆に捨てることの快感に浸ってしまっていて、(捨てられない人が、捨てれるようになった快感って、本当中毒になるくらいの快感モノです(笑))その中毒にかかってしまっていて、
ダメだったら捨てればいいいや~。っていう、捨てたい人の考えになってしまっているということ。

昔からみれば、本当に必要なのか、部屋との調和などを考えるようになったと思っていたのですが、
もともとが深く考えられない衝動買いの人なので、今も続いている感じです。

昔はその衝動買いをため込んでいたけど、今は買っては捨ててるっていう…。
よいと思って買ったものが結局よくなかった。と思って手放しているものが結構あります。
最近の代表は無印の体にフィットするソファーであり、プロパンガス用のコンロだったり、
ガス用のフライパンだったり、よく考えれば、買わなくても済んだものだと思います。

人間の物欲は48時間らしいです。なので2日たっても欲しいと思ったら、本当に欲しいものだから
買っても後悔しない確率が高い。そう肝に銘じていたはずなのに、
いや、無印ソファーは考えに考えたんですが…自分に必要なものを見極める力が足りないのです。

あとは「とりあえずお金をかけずにやってみる。ダメなら購入を考える」ですね。
最近は浪費グセが続いていてなんでも買ってしまう感じだったので、
目の覚める感じでした。

おとといは、とっておいたシーツをカーテンにしてみたのですが、
「ダイソーにカーテンフックみにいこうかな~」とすぐに思ってしまっていたのを、
本を読んでから、「家にあるものでなんとかできないかな」
「そうだ、昔は木の洗濯ばさみでカーテン吊るしてたあ。」と、思い直した結果。
家にあるもので十分代用できました。

そして今日も「つっぱり棒と、ワイヤーネット必要!」と収納のアイデアが出て思い立ったのですが
まてまて、と考えなおした結果、買わないでも家にあるもので代用できました。

モノに対して、もっともっと、考えて、
「ダメだったら捨てられるし」じゃなくて「捨てないようにものを買う」ということを
今まで以上に意識しなきゃなあ。って思えました。

▽写真が暗いですが、作ったカーテンです。
といっても使わなくなった白いシーツを切って端をまつり縫いしただけ、
なかなか、気に入ったカーテンが見つからないので、それまでの仮で!と思ったのですが、
手作りすると、愛着がわいてきて、意外といける?これでもいいんじゃない?と思えてきたり(笑)
以前インテリアの雑誌で、シーツをそのままカーテンにしている人がいて、
私は「こりゃ、ない、お洒落じゃないし~なんか、だらしないし」と思ったのを覚えているので、
来客時が心配です。が、ランチだけなら、カーテンしないし。また無駄なお金をつかわないためにも、
気に入ったものが見つかるまではこのままで行きます!
si-tude

Secret
(非公開コメント受付不可)

はじめまして^^! 「まゆ」です

『まゆ』

  • Author:『まゆ』



  • はじめまして「まゆ」です。
    35歳まで一人暮らしでしたが、
    36歳で結婚、38歳で出産
    今は三人暮らしになりました☆
    私41歳夫48歳姫3歳の
    晩婚晩産家族です。

    私の偏った節約生活、
    ほとんど日常を
    日記に書いていますので、
    よろしかったら、読んでくださいね☆

    看護師
    ケアマネージャー
    整理収納アドバイザー
    ファイリングデザイナー
    心理カウンセラー
    の資格持っています☆
    ようこそ、はじめまして、まゆです。

    ▽「お金一年生」に載りました☆