【整理整頓のお仕事ってあるんですね】
今日たまたまラジオをつけてみたら、ゲストが「整理収納アドバイザー」という職業の人の話でした。
整理収納の資格の一級をもっていて、アドバイザーとして起業しているとのこと。

その人はもともとは会社員だったのですが、整理整頓が好きで、キレイ好きで、
整理収納の資格を知って、資格をとり、好きなことを仕事にしたとのこと。

ブログもみてみたのですが、好きなことだから、仕事をしてても、
また、日常の整理整頓に関する日記を書いているときも幸せそう。

まさに私が理想としている好きなことを仕事にしている人ですね。

私は今、整理整頓と収納にはまっていて、その快適さを実感していて、しかも楽しいので、
自分がすごくお勧めのものをお勧めする仕事って、私もできたら幸せかも~!!
ってウキウキしながら調べました。

1級になるためには2級をとらなくてはならないらしく
2級の対象は自分。1級の対象者は自分以外とのことで、
仕事にするには1級を持っていたほうがよさそう。

整理収納アドバイザーの2級を受講するためには22500円必要で
1級は45000円。

もしもなれた場合。
実際にアドバイザーの依頼がなくても、セミナーや2級の対象者のセミナーをほぼ毎月開催していて、
そのセミナー代だけでも生きていけそうな気もしますが、(主催はハウスキーピング~というNPO法人とのことで、自分にどのくらい帰ってくるのか分からないのでなんとも言えないのですが、
一人5000円でも1回の講義で10万。自分の好きなことをして得られる収入としては十分な気がします)

わ~!好きなことして生きていけるんじゃない?と舞い上がったのですが、

「ラーメンが好きだからってラーメン屋にはなるな」の言葉が頭をかすめました。
好きなことを仕事にする。みたいな本にかいてあるのですが、

ラーメンが好きだからってラーメン屋になった。
けど、その人はラーメンを食べるのが好きだった。
朝早く起きて仕込みをしたり、お客の接客をするのは苦手だった。
結局続かなかった。
その人はラーメンを作ることが好きではなかったから。
ラーメンを食べて評価する、ラーメン評論家が、本当に彼の好きな仕事だった。

みたいな内容です。

なのでもう一度、考えました。

整理収納アドバイザーが本当に好きなのか。

アドバイザーということは、
収納ができていない人に、できるようにアドバイスして改善してもらうこと。
指導ですね。

ここで、自分の指導経験を振り返ると。

初めての指導は看護師3年目。
とてもまじめで物覚えが良くて、できすぎる後輩を指導させてもらえたおかげで、
自分も成長させてもらえたし、指導してその子が成長することの幸せも教えてもらえた。
私は指導が好きだと思った。

看護師5年目。サブリーダーになって、自分が人をまとめる能力がないことを感じる。
私は、視野が狭く、自己中心的で、協調性がないことに自分でびっくり。

看護師8年目。看護学生の指導。やる気のある子の指導は楽しく充実感があるけど、
やる気のない子の指導は拷問そのもの。

看護師9年目。職種の違う介護福祉士を指導する。
初めて指導した子と比べて、やる気も物覚えも、礼儀も、足りない子を教えることで、
毎日イライラの日々。
私は指導が好きだと思っていたけど、そうじゃなくて、
やる気のある子の指導が好きだったんだと思います。

初めの子も、自分の言ったことの1教えたら10返ってくるみたいな子だったからこそ、
教えることが苦にならなかったし、楽しかった。

そうだ、わたし、やる気のない子に指導するのって、あんなに苦痛だった。

実際どうなんだろう。
講義には興味のある人が集まってきてくれるのだから、やる気のある人に指導するのは楽しそう。

でも実務は?
ホームページに押入れの仕事のビフォーアフターがでていて、
押入れにつまってる明らかに必要のないものも「もったいないから捨てたくない」といわれ、
圧縮袋などを使ってスペースを確保した事例がのってましたが、

本当は、不要なものは処分して、必要なものだけを収納すれば100倍快適だと分かっていながら、
依頼主の希望を聞いて、ただ詰め込む収納を考えるのは、イライラしてしまうんじゃないかな。

その逆に、できたら、きっと楽しいと思うのは、
部屋が自分に必要のないものだらけの、昔の私みたいな人に、整理整頓を教えて、
自分が必要なものだけで生活することがこんなに快適だっていうことを、
整理整頓の快適さを実感してもらえたら、すごく楽しいと思います。

私自身がものすごく違うっていうことを実感しているので、
きっと変われた人もすごく満足だろうし、変わった人を見るのも満足だろうな~って。

お酒の飲めない人は人生の半分を損してるとかいいますが、

整理整頓ができない人も人生の半分損してると思います。

私の友達はきちんとできてる人がほとんどです。
というか、友達で昔の私以上にモノにあふれた部屋は見たことがありません。
整理整頓ができる家に生まれた人は自然と身につくのかも知れませんね。

けど、私みたいに身についていなくて、モノがちらかっていたり、
しょっちゅう探し物をしたりしてる人がいたら、その人に教えたいです。

この楽しさを快適さを共感したいです。

ん~。アドバイザー。って本当に私、好きなのかな。
いまは自分が思うとうりに変えられるから好きなんじゃないのかな。
アドバイザーは自分の好みじゃなく、相手の好みを聞き入れて、
自分の知識のなかからアドバイスするってことだしな。
私が伝えたい、不要なものは持っていない方が快適ってことを実践するのは、
昔の私みたいな人にはかなりの覚悟とやる気が必要だよなあ。

思えば27歳から始めて6年、
6年かかって、やっと自分に必要のないものは持たないことが意識できるようになって、
(実践はまだまだです。欲しい!で後悔して処分することもまだまだあります。)
すこし収納やインテリアを考えられるようになれました。


でも、この不況の世の中。整理整頓にお金を払う人がいるのかな。
私は実践して整理整頓は節約にすごく繋がることを実感してるのですが、

でもでも、では前に進みませんね。
起業は置いておいても、今興味のあることだし、飛び込むのもいいのかも。

けどやっぱり高いな~。約7万円の自己投資。
独学だったら同じ知識を得るのでも、そこまでかからないだろうに。
けど、資格という肩書は強いですよね。

同じ内容でも
今の私がアドバイスしても、信頼性が薄いけど、
資格あります。となると、信頼性アップですもんね。
あ~自己投資、今がお金の使いところかなあ。

市民税も72000円払わねばならないし、ふ~。
やっぱりもうちょっと考えましょ。

そうそう、昨日模様替えしたんです。新しくベッドサイドテーブルも届いたし、
友達が遊びに来て、やる気もでたし。
んで、また快適になりました。

本当に、楽しいんですよねえ。
ちょっと場所を変えるだけで、生活が快適になるっていう収納が。



☆節約人気blogランキング← 応援クリックよろしくお願いします。
毎日自分のランキングをチェックして励みにしています。
Secret
(非公開コメント受付不可)

ぷよこさんへ♪
ありがとうございます♪
ぷよこさんの「知識として楽しい」っていうコメントを見て、
そうだよな~!って思いました。
楽しいと思えることになんで躊躇してるんだろうって思って
受けることにしました^^!

ぷよこさんも汚部屋住民だったんですか~!
汚部屋の住人を脱出するのは大変ですけど、
脱出したら、サイコーに気持ちいですよ~!
この気持ちよさを本当、味わってほしいです♪
そんな資格あるんですね!勉強してみたらどうですか??
仕事じゃなくても知識として楽しいかもしれませんよ?

実は汚部屋住民なんで毎回まゆさんのブログ見て勉強中…
私にとってはすでに先生です!

はじめまして^^! 「まゆ」です

『まゆ』

  • Author:『まゆ』



  • はじめまして「まゆ」です。
    35歳まで一人暮らしでしたが、
    36歳で結婚、38歳で出産
    今は三人暮らしになりました☆
    私41歳夫48歳姫3歳の
    晩婚晩産家族です。

    私の偏った節約生活、
    ほとんど日常を
    日記に書いていますので、
    よろしかったら、読んでくださいね☆

    看護師
    ケアマネージャー
    整理収納アドバイザー
    ファイリングデザイナー
    心理カウンセラー
    の資格持っています☆
    ようこそ、はじめまして、まゆです。

    ▽「お金一年生」に載りました☆