【札幌市のビン缶ペットボトル事業】
札幌のゴミ日記も3日目ですね。まだまだ、あと何日か続きま~す!

有料のゴミは、札幌市の収入にならないゴミで、
無料のゴミは、札幌市の収入になるゴミ。

ということで、昨日は札幌市の雑がみ事業について書いてみました。

今日はビン缶ペットボトル事業です。

昨日の雑紙と同じように、
ビン缶ペットボトルも、燃えないゴミとして埋め立ててしまえば、
ただのコストのかかるゴミになってしまいますが、

資源ごみとして出せば、それぞれの民間会社に売って、札幌市の利益になるゴミです。
=ゴミ処理として年間263億円かかっているお金を、すこしでも賄うことができます。
=私たちの住民税がゴミ処理に使われるのを減らすことができる!

有料ゴミ袋に入れて出せば、ただのゴミ、
資源ゴミの日に、無料ゴミ袋に入れて出せば、
札幌市の利益になり、ゴミ埋立地の延命もできる!

あ、ビン・缶・ペットボトルを丁寧に別の袋でゴミに出す方がいるようですが、
ビン単体で出すと、割れる確率が多くなり、割れると商品にならないので
みんなまとめて出してもらった方がいいと言われていました。

ペットボトルは、
キャップと外の包装は、プラスチックゴミになるので、別に分別は当たり前と思っていたのですが、
分別施設を見ると、分別されていないペットボトルが半分くらいはあったのです。

全て、工場の人の手で、分別されます。
流れてくる、ビン缶ペットボトルのゴミの中で、作業されている方々、とても大変そうです。
5人ひと組で作業をしていたのですが、
もしそれぞれが、マナーを守って分別して、ゴミを出すようにすると
4人や3人でよくなり、人件費もかからず、ゴミ処理にかかるお金も減りますよね。

家庭のゴミよりも、コンビニなどの商業施設からのゴミに多いそうです。
コンビニのゴミは、たぶん、ゴミの確認をしないで、そのまま捨てるところが多いのかな…。
コンビニというお店こそきちんとしないとダメなんじゃないかな…とおもいました。

捨てる側が、分別しないのが一番いけないと思いますが。

そして、ペットボトルを飲み残しを入れたまま捨てる人もいるようで…。
中身は捨ててから捨てる。当たり前のことかもしれませんが、書きます。

あと、中身は水でゆすいでから、捨てる。

ペットボトルのゴミを売るのも、品質が大事で、
汚れていると、高値で売れなくなるのだそうです。

できるだけキレイな状態で捨てる。

そうすると、いい状態の資源として売ることが出来て、
札幌市の収入にもつながる=市民のゴミの処理負担も少なくなる。

ということで、レッツ分別!です♪

明日は、プラスチックゴミについてです。
私は、一番「へ~!」って思うことが多かったです。





☆節約人気blogランキング← 応援クリックよろしくお願いします。
毎日自分のランキングをチェックして励みにしています。
Secret
(非公開コメント受付不可)

はじめまして^^! 「まゆ」です

『まゆ』

  • Author:『まゆ』



  • はじめまして「まゆ」です。
    35歳まで一人暮らしでしたが、
    36歳で結婚、38歳で出産
    今は三人暮らしになりました☆
    私41歳夫48歳姫3歳の
    晩婚晩産家族です。

    私の偏った節約生活、
    ほとんど日常を
    日記に書いていますので、
    よろしかったら、読んでくださいね☆

    看護師
    ケアマネージャー
    整理収納アドバイザー
    ファイリングデザイナー
    心理カウンセラー
    の資格持っています☆
    ようこそ、はじめまして、まゆです。

    ▽「お金一年生」に載りました☆