【便利をちょっと捨てる】
今日はお休みの日。
朝から洗濯・掃除と家事をして、お昼になりました~。

朝から鏡の前を通るたびに、ニコっと笑いかけます。
歯が白くなってうれしいのはわかるのですが、
はたから見たら、ナルシストもいいとこの頻度ですよ。ふふ。

んで家事しながらHNKの「課外授業」という番組をみたのですが、
教師ではない人を講師に迎え、小学生に授業する番組で、
今日は「便利をちょっと捨てる」ってタイトルでやっていました。

便利よりも大事なものもあるのではないか、
便利になることで失うものもあるのではないか、
ということを感じてもらう授業でした。

先生は、発明家で、
もともと大手の開発部にいて、便利なものを追求してきたのが、
息子さんが化学物質過敏症になったのをキッカケに、
便利なものができることで、失うものもあるということに気づいたそうです。

小学生がそれぞれ便利なものを捨ててみようということで、
実際に家で
炊飯器を使わずになべでご飯を炊いたり。
洗濯機を使わずに洗濯板で洗い物をしたり。
メールではなく手紙をだしたり。
アイロンを止めて、手でアイロンをしたり。
とイロイロな便利を捨てて感想を発表してました。

「毎日洗濯板で洗っていた昔の人はすごいと思った」
「丁寧に手アイロンをすることで、喧嘩の多い弟に感謝されて
嬉しかった」
「シーツを洗濯板で洗うのは大変だけど、お母さんに感謝されてうれしかった」
「達成感がある」
などなど、

便利になるときに失った、大事な感謝や相手のことを思って何かをする。
っていうことが伝わってきました。

私も下着を毎日手洗いするようになって、
自然に感謝の気持ちがでてくることを実感してます。

「今日も私のためにありがとう。」って思うんですよ。

けれど、今日も洗濯機で洗濯をしたのですが、
スッキリして気持ちいいって感じはあるのですが、
シーツや服に感謝の気持ちはわきませんでした。

自分の手で行うって、なんか特別なことなんだと思います。

今の便利な世の中はなんでも機械がやってくれて、
自分とモノの間には機械という壁があって、
いろんなことが感じにくくなっているんじゃないかと思います。

感情を感じにくい、というか。

変な例えですけど、
手袋をはけば、素手で触れないような、たとえば汚いものも触れますよね。
それは感覚が鈍くなるから。

「便利」はそんな手袋な感じだと思います。

感覚を鈍くしてしまう。

私は冷蔵庫も炊飯器もない生活をしてみたことがありますが、
冷蔵庫がなければ食品に対する意識は高まって、
その食品が使えるうちに使いきろうとするし、
炊飯器がなければ、お米を炊くのにも真剣。

日常生活の感覚が高まります。

今は便利さを追求しすぎて、
日常生活の感覚や感動がほとんどない世界なんじゃないかと思います。

人間は動物だから、自分の体で生活を維持することに満足を感じるのじゃないかな。
または自分の体で生活を維持したいっていう本能があるんじゃないかな。

自分で行うことで、感動や感覚が育つ。

それが便利になって、自分で生活を保つ努力をすることがなくなって
考えることも少なくなって、
感覚も感動も鈍くなっているから、

他に感動や刺激をもとめて、
暴力的なゲームがはやっていたり。
感覚が鈍くなっていて、相手のことを考えられないから
簡単に恐ろしい事件がおきてしまったり。

感動や感覚に飢えているんじゃないかと思います。

映像の疑似体験じゃあ。その場は満足できた気分になりますが
本能では満足できていないと思います。

日常の些細なことでも、自分でやって、自分に感動する。
そんなことが大事なんじゃないかと思いました。

けど、知性があるのが人間で、
そういう本能以外のものを楽しめるのも人間の特権。

美しいものを愛でたり、
人が作り出したものに感動したり、

自然とは違う人工的な美しさもありますよね。

それを楽しむためには、
昔ながらの生活のままでは時間が足りない。

便利なのはとってもいい事で、生活以外の楽しみの時間をくれる。
問題なのは便利すぎること。過剰なことだと思うので、

自分と相談しながら、自分に必要なだけの便利を使って生きたいな
と思います。

とりあえず、働く一人暮らしの私には
冷蔵庫と炊飯器は必要だと思いましたもん。
今も感謝して使ってます。

不便さを知ると、本当に便利ってありがたいものだと思います。

ただ、掃除機は私には必要ないものになりました。
ワンルームの狭い私の部屋は、拭き掃き掃除で
充分にキレイに過ごすことができますし、不便も感じなかったのです。

「なんかつまらないし、日々充実しないな~」

なんて思っている人は、

日常の便利を捨ててみるのもいいかと思いました。

自分って、自分でなんでもできるじゃん。って結構自分に感動しますよ(笑)
Secret
(非公開コメント受付不可)

かぼちゃんさんへ♪
~の素。私は使ったことが無いんですが、
おいしさを感じさせるための化学物質が
発ガン物質とか言いますよね~。
怖いです。

自分が負担にならない、便利と不便の間くらいにいたいです(笑)

るなんさんへ♪
お久しぶりです~♪♪

本当にそのとおりです。
るなんさんのコメントを見て、
内面の満足感に価値を感じるようになれて
よかったな~と思います。

20台中盤まではほとんど家にはいなかったし、
外にでて外の楽しみを知って、

そして、30代で内面の楽しみを知って、

歳をとるって面白いって思います。

10台20台30台と考え方がまったく違いますよね。

40台はどういう風になってるんだろうなあ。

愛にみたされていたいです(笑)
まゆさん、お久しぶりです!

『便利を捨てる』、わかります!
例えば、私も時間的に余裕のある時は炊飯器を使わずル・クルーゼで炊くのですが、それは本当に美味しいです。
手をかけなくていい物も、あえて手をかけてみると、
それ以上の充実感が味わえますよね。
こんな風に思えるようになったのは、忙しいことに価値を見いだしてきた20代を過ぎ、
30代になって自分の内面の満足感に価値を感じるようになってからです。
ご無沙汰デス   まゆさん
便利なものを捨ててみる・・・
言われてみればそうだよね~
私も捨てたものないかなぁ・・・って考えてみたら
料理に関してですが ~の素を買うのを
やめたことかなぁ・・・ 
自分にできることから始めるといいですね^^
はじめまして^^! 「まゆ」です

『まゆ』

  • Author:『まゆ』



  • はじめまして「まゆ」です。
    35歳まで一人暮らしでしたが、
    36歳で結婚、38歳で出産
    今は三人暮らしになりました☆
    私41歳夫48歳姫3歳の
    晩婚晩産家族です。

    私の偏った節約生活、
    ほとんど日常を
    日記に書いていますので、
    よろしかったら、読んでくださいね☆

    看護師
    ケアマネージャー
    整理収納アドバイザー
    ファイリングデザイナー
    心理カウンセラー
    の資格持っています☆
    ようこそ、はじめまして、まゆです。

    ▽「お金一年生」に載りました☆