【泣いた】
深夜勤務から帰宅後、自分が後頭部が解けて無くなる不治の病にかかる悪夢をみて、
その病気は徐々に自分が自分でなくなる認知症のような病気。
3時間ほどでおきてしまいました。

そのときの私は「なってしまったものは仕方ない。」って冷静ながらも、
「どうして私が」ってやるせない気持ちでした・

んで、突然泣きたくなって、ベッドの中で泣きました。
泣いて、気づきました。怖かったんですね。私。

夢がじゃなくて、現実に起こったことが。

誰かに話したいから日記に書きます。
あ~こういうときに旦那が欲しいって本当思いますね。

「よしよし、大丈夫、よく頑張ったよ、よくやったよ。」って抱きしめて、頭なでて
あやして欲しいものです。

今日の朝、7時10分頃まで普通だった患者さん。
もともと左脳梗塞、視床出血、右上下麻痺の患者さん。
失語はあるけど、コミュニケーションは単語で取れる程度。
自分でご飯も食べて、介助で車椅子にも乗れる。

それが7時40分、ワーカーさんから「なんかおかしいから診て欲しい」といわれ
部屋にいったら、

顔青ざめて、呼吸して無いように見える。ピクリとも動かず、
びっくりして脈をとってみると触れない。

「え、死んでる???!!!」

原因がなんとか、と考えてる冷静さはなく、

とりあえず痛み刺激。
頬ビンタ。

なんも反応なし。

さらに頬ビンタ。大声で呼びかけ。

「ヒヒ、ふ~」と呼吸が戻り、脈も打ち始める。
開眼しないが、。頬ビンタにも少し顔をゆがめる反応がでてくる。

バイタルとってみると、血圧、酸素、血糖も意外と普通。処置する必要は無いくらい、
けれど瞳孔が散大していて意識レベルだけ低い。

私には知識はなく、意識レベル下がったら、
脳梗塞か脳出血としか考えられない。

うちの病院はいわゆる老人病院なので、
休日CTもとれなければ、人工呼吸器も無い。

原因がわからないし、対処もできない。

だから、私の第一優先は転院。
救急病院に診てもらうこと。

そのもたもたしてる時間が患者さんの予後を悪くするってあせる。

当直医にコール。

知ってる先生でよかった。
(うちの病院は主治医じゃなく当直の先生にコールする。アルバイトのヘンな医者が多い)

相変わらず、意識レベル変わんない。

先生は転院の話を進めてくれてる。

うちの病院での転院の仕組みがわからなくて、
私もあたふた。

んでいざ転院も決まって、救急車も来ることになった

8時30分。

患者さんの意識レベルが上がった。

声かけに開眼するし、痛みにも反応。

あれ?あれ?これって、転院する必要は無いんじゃないの?
もう決まっちゃったけど。

8時40分救急車で救急病院へ。
救急車で向かう最中。左手も動かすようになって、
声かけにも発語あり、フツーにもどったのですよ。

結局救急病院で検査してもらって、脳CTに出血などの異常はなく
症候性てんかん、とのこと。

てんかんって、
痙攣とかはなかった。
いってたら、意識失ってたから、
行く前におこしてたのかな?

デパケンのんでたけど、
痙攣なんて考えられなかった。

Afもあって絶対脳梗塞だあ、なんて思った。

一番怖かったのは
自分のせいで患者さんの人生が変わること。

うちの病院じゃあ救えない。

こういう思いはやっぱりいやだな。

前に、プランだからとリハビリ後にトイレ誘導したら、
そこで具合がわるくなり、結局再梗塞した患者さんがいて、

血圧も190~200台と高く、絶対頭だよ。と思って、先生にいっても、
指示も出さずに様子見て、って先生会議にいっちゃって、
結局対処したのはずいぶん後ってことがあった。

すごく嫌だ。
私がトイレ誘導してって言わなきゃ、再梗塞はおこさなかったかも、
とずっと考えてる。

診もできないのに、診もしないのに、
理想ばっかり行って、いろんな患者を入れたがる先生にもついていけない。

あの時こうしていれば、って思いたくない。

新人の頃、自分の知識が無くて発見が送れ、手遅れになった患者さんがいる。
周りは私のせいではなくて、発見しても手遅れだったといってくれたけど、
そのことも思い出して、

きっと怖くて、泣いたんだろうな~。

そのときは全く思わなかった、というか、
思うヒマはなかったけど、

私、怖かったんです。

私の知識や技術がないせいで、
その人の人生を変えてしまうことが。

今回の人は、なんともなくて、
救急病院に送る必要も無かったかもしれないけど。

コワイ。すっごくコワイ。

やっぱり、私は看護師に向いてない。なあ。
向上心もないから、勉強しようって方向にも向かない。
知識があれば、こんなにオドオドせずに看れるのでしょうけどね。


今日はもともと飲みの予定が入っていて、本当に良かった。
蕁麻疹悪化しても別にいいや。
心落ち着ける人と話したい。

飲んできます。

Secret
(非公開コメント受付不可)

すくすくさんへ♪
すくすくさんのブログをみて、みいってしましました。
友達がいうように、すくすくさんは
実際「素敵な人」、なんだと思います。
日記をよんでいても思います。

けれどすくすくさんは、
とってもまじめすぎて、
完璧をもとめて、

自分はまだまだ足りない。

って自分に満足がいかないんですね。

私にもそういう傾向があると思います。

まじめすぎるっていうのも、
本当に、困りますよね~!

まじめな人ほどボケやすいっていいますよね。
すくすくさんも私も要注意ですよ!(笑)

私は~しなきゃ、とか
自分が追い詰められる職場はやっぱり
自分がココロ穏やかにすごすためには
キャパを超えていると思うんです。

だから、今の職場はキャパを越えてますね。

本当だんな欲しいですよね。
そしたら、このまじめさも少しはゆとりもてるかなあ。


arinaさんへ♪
確かに、向いてるかもしれないとは思いますが、
精神科は私の中でナシなんですよ。

感情移入しすぎて、自分が精神病になってしまう可能性がある気がします。

けれど昔ほど、人に対して優しくもないから、
クリニックとかなら、アリかもしれないんですけどね。

私仕事止めた後は、
看護師をしないで、まったく関係ないアルバイトなんてしてみようと
思ってます。

離れることで看護師のよい面も悪い面も見れるきがして、

もっと、もっと、人生てきとーに生きていいきがします。

はじめまして。
いつも読ませて頂いていてコメントするのは初めてです。
私もコメディカルです。こういう気持ちになることって本当にあるなと思いました。
それと平行して別の思いが・・・
まゆさん、精神科とかは興味ないでしょうか?
ブログの文章など読ませてもらっていて
メンタルな患者さんへのケアなどに
興味がもしあればそういう関係につかれるというのはどうなんだろうかと思いました。
私も一度やったことがありますが、結構、大変ではありますが、Drやスタッフといい感じで仕事ができましたよ。クリニックなら夜勤もないですしね。
勝手なことを言いましたが
いつも応援しています。
ブログ楽しみにしてるので
あまり無理せず、がんばってくださいね。
本当に
まゆさんこんばんは。
初めまして。

「一番怖かったのは自分のせいで患者さんの人生が変わること」。
ものすごく共感しました。

私も医療関係者ですが、ストレスで身体を壊しておやすみしていました。
今少しずつ仕事していますが、私じゃなく、もっと知識や技術、とっさに色々気づける方がいたら。もっと良い方向に言ったかもしれない。私がここにいて、いいのか?と良く考えてしまいます。
自分の判断が人生を左右するって、本当に、こわいです。

でもまゆさんはすごく的確にやってらっしゃると思いました。まゆさんが居て、対応したことはむしろその方にとってとても有難いことだったって思います。
本当にお疲れさまでした。

個人的にまゆさんのように、こわさや自分の非力を感じながらも患者さんの人生に向き合う方に現場に居て頂きたいですv
でももちろん、まゆさんのQOLをいちばん大事にお過ごし下さい。
いつも陰ながら応援しております。
すくすく@だんな欲しい三十路
はじめまして^^! 「まゆ」です

『まゆ』

  • Author:『まゆ』



  • はじめまして「まゆ」です。
    35歳まで一人暮らしでしたが、
    36歳で結婚、38歳で出産
    今は三人暮らしになりました☆
    私41歳夫48歳姫3歳の
    晩婚晩産家族です。

    私の偏った節約生活、
    ほとんど日常を
    日記に書いていますので、
    よろしかったら、読んでくださいね☆

    看護師
    ケアマネージャー
    整理収納アドバイザー
    ファイリングデザイナー
    心理カウンセラー
    の資格持っています☆
    ようこそ、はじめまして、まゆです。

    ▽「お金一年生」に載りました☆