【オランジェリー美術館】
▽オランジェリー美術館・モネの睡蓮で有名な美術館です。
オランジェリー美術館

▽2部屋に渡って、壁一面に睡蓮の絵がありました。
もね1

▽同じようでも違う絵なんですが、
mone2

▽もともと印象派には心惹かれない私の感動は、当然ながらいまいちでした。
mone3

▽こんな感じの絵や
e

▽こんな感じの絵(ピカソ作)
pikaso


モネなどの絵が印象派と呼ばれるようになったきっかけは、

モネの絵を当時の批評家が、
「まるで何を書いているかわからない、何を言いたいのかわからない印象の無い絵」
と小馬鹿にする感じで批評して、そのような絵を「印象派」と呼ぶようになったんですって、

褒め言葉じゃかったんですね。
今では有名な画家たちも、当時は小ばかにされていたなんて、
「へえ」って思いません?

新しいことをはじめるときには、必ず反発にあいますが、
まさにそれかもしれませんね。

けど私は今も「なんでこれがいいんだろ?」って思いますが(笑)

モネの睡蓮の題材になった、モネの庭は本当に美しい庭だそうです。
それが、この絵ですもんねえ。
やっぱり私には美しいとは思えませんでした。

どうして美しいヨーロッパで、
美しくない絵(私にはみてそう感じます)を書くのか。

ピカソも最終的にはあんな感じですもんね。

確かに当時は美しく書く絵が多くて、
美しすぎて、そこに、真実がなくて、
嘘っぽく感じたのかな、

現実を書きたかったのかなあ。

そこを強調したかったのかな、

曖昧な美しさもあるってことかな。

目立つためのアピール。

美しくないことの美しさ。

反発したかったのかなあ。

などなど、どうでもいいようなことを思い巡らして絵をみてました。

どんな有名な画家も一人の人間として、
このヨーロッパで生きていたんだな~と
当たり前のことをおもっちゃいました。

日本だって、有名な人々が、
当時は当たり前に生きていたんですもんね。

そして、それは、現実とは違う形で、後世に伝わっていく。

当たり前かァ、伝言ゲームだって、5人ですれば、
かなり違う言葉になるし。

人々に都合よく作られるんですもんね。

死んでから有名になるより、

現実を楽しんで生きて生きたいわァ。と思った私でした。

(ピカソや他の有名な画家や、モーツアルトでさへ、貧しい悲しい最後を迎えたって聞くと
そう思いません?)




Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
maeさんへ♪

maeさんは絵が好きなんですね。
だから、まじめに絵を理解しようとしてるんですね。

けど、自分が「正直わからない」、と感じるんであれば、
無理にわかろうとしなくてもいいと、私は思います。

感覚でわからないのに、無理にわかろうとするのは、
もしわかった気持ちにになれても、
結局それは「頭でわかった。」ってことだと思います。

モネさんがこの絵を描くにいたった経過や、
自然光のもとで見て欲しいと、この美術館を作ってもらった。
いう経過も、ガイドブックの知識くらいですが、
私も知っていますが、それでも私は美しいとは思えませんでした。

他の人が4時間並んで待とうが、
有名な人が好きな絵であろうが、
それは、その人の感覚です。

逆に私のように、もういいや、という人もいれば
モネの絵は好きじゃないという有名な人だっていると思います。

大事なのはmaeさんの感覚であって、
人がすばらしいといっているものを自分がすばらしいと思えないから
自分にセンスがない。なんて思わなくてよいと思います。

人と比べることはあんまり意味がないです。

大事なのは自分で考えて、感じる。だと思います。

私はモネの絵をすばらしいとは思えませんが、
モネの絵が好きだという人を否定してるわけじゃないですよ~。
monet
こんにちは
はじめまして
 ネットサーフィンで、伺いました。
モネの絵画、正直分かりません。
 でも、1枚時価数億円でしょ。「ジヴェルニー村のモネの庭」には、年間50万人が訪問。
 オランジュリー美術館のモネの部屋は、特に世界の印象画家(主体はアメリカ)のメッカとして、崇められている。と云われる。

さらに、東京の新国立美術館のモネ展、4時間待ち。どう見ても自分のセンスの無さにがっかりです。
 「緑の反映」とか「雲」・・・・とか、部屋(池の)の真ん中の水面から顔だけ出した感じで分かろうと1時間見ていました。

 この絵は、自然光で鑑賞せよの条件でモネ自身部屋の設計参加してつくったといいます。

 死に到る8年間制作に没頭します、疾患、眼病で色彩の識別困難のなか、国家に寄贈するために印象画の極致を画いたとあります。
 なんとしても、この絵の良さが分かりたいと、思っているのですが。
mae
はじめまして^^! 「まゆ」です

『まゆ』

  • Author:『まゆ』



  • はじめまして「まゆ」です。
    35歳まで一人暮らしでしたが、
    36歳で結婚、38歳で出産
    今は三人暮らしになりました☆
    私41歳夫48歳姫3歳の
    晩婚晩産家族です。

    私の偏った節約生活、
    ほとんど日常を
    日記に書いていますので、
    よろしかったら、読んでくださいね☆

    看護師
    ケアマネージャー
    整理収納アドバイザー
    ファイリングデザイナー
    心理カウンセラー
    の資格持っています☆
    ようこそ、はじめまして、まゆです。

    ▽「お金一年生」に載りました☆