【Around 40】
今日は旅行日記じゃなくて、フツーの日記です。
しかもダラダラ~っと長いです。

ふひ~。
夜勤は本当に辛いですわ~。

ちょっと前までは
夜勤入りにも明けにも思いっきり活動していたのに、

最近じゃあ入りに出かけるなんてよっぽどじゃないとその気にならないし、
明けもしかり、その日どころか、次の日まで疲れを引っ張る始末。

あ~歳ですねえ。
しゃ~ないですよ。32歳。
あと少しで33歳ですもん。
今まで無理した分、これからはカラダをいたわって、
無理しないでいこ~っと。

「Around 40」のドラマを昨日1・2話まとめてみて、
主人公に共感しすぎて、苦しかったですよ。

三十路以上の独身女性の人は
「わかる、わかる、そうだよなああああ」って感じではないでしょうか?

結婚していたほうがいいに決まっているけど、
結婚して、不満ばっかりいっている人よりも自分は幸せだと思っていますが、

自分は幸せなつもりでも、周りからみれば可愛そうな人。

周りの目はどうでもいいですが、
本当に幸せ!とはいいきれない、
やっぱり、独りという、物足りなさ。

若いといわれて喜んでいるけれど、
それは実年齢と比べればってこと。

などなど。

自分のことを言われているようで、
グサリ グサリときましたよ。

周りの目なんて、どうでもいい。と思おうとしても、
実際問題、世間ではこういう視点なんだろうなあ。

このドラマをみれば、現実を見つめられるかも(笑)

けど、現実が見えたとしても、
自分を変えられないだろうなあ、

ま、しゃ~ないよ。こういう性格なんだから、
合わない人と一緒にいるくらいなら、
やっぱり独りがいいなあ。

友達は幸せな結婚してるので、
そんな結婚ができるようになりたいですな。

二人で健康のために朝の5時半から豊平川沿いを歩いてるとか、
本当にいい関係だなあ。って思います。

私もそんな生活送りたい~!!って本当、思いますもんね。

愛があれば、多くのモノは入らない。

あ~多くのものは入らないで思い出しました。
こりゃ~節約だあ。って思ったこと。

自分の必要なもの・気に入っているもの以外は捨てて、
買うものは、本当に自分が気に入ったものを買うようになって、
だんだんとモノがそろってきました。

そうそすると、物欲が減るんですな。

満足しているので、新しいものが欲しくならない。
=お金を無駄に使うこともなく、節約になる。

この調子で生活していけば、
数年後には買う必要のあるモノが本当に少なくなって、
お金もかからなくなるだろうな~。って思います。

気に入った調味料入れをず~っと探していて、
何ヶ月探してたんだろう。半年以上は探していたかもしれません。

このたびやっと気に入ったものに出会えました。
みるたびに可愛くて、幸せになるし、しかも使い勝手がよい。
お店の調味料入れを見ても、「うちの方が可愛いな♪」って欲しくもならない。

これから、もしかしたら飽きるかもしれないけれど、

「本当に自分が気に入ったもの且つ使いやすいもの」はあきないと思うので大丈夫!

「これでいっか、値段もデザインもまあまあかな」って
本当に自分が気に入ったものを買う。っていうことを何も考えなかったころは
本当にイロイロ使い捨てしてきたなあ。って思います。
本当に満足していないから、もっといいもの、もっといいもの、って思うのです。

マグカップ一つにしても、
いったい何個買ったことか。

けどアフタヌーンティーでこのコーヒーカップを買ってから
(調べてみて2006年10月17日に買っていて、そんな前に買っていたんだ。ってびっくり
今も見るたびに可愛いな~って思ってるので、そんなに長く使っているなんてって。)

新しいマグカップは買っていません。
(あ、仕事用に一個買ったかな?)

「本当に自分の気に入ったものを探して、探して、買う」
っていうのも、節約&エコにつながりますな。

は~それにしても
気に入ったテーブルが見つからない。

探し始めて、もしかして、一年たっちゃった?

カフェにあるような、二人用の小さめのテーブル。
しかも四角じゃなくて、角が丸いもの、
ってなかなかないんですよねえ。

ロフトにあるのが、一番いいかな~と思うのですが、
色が暗いから、ダメなんですよねえ。

まあ、いつか出会えるでしょ~。

ではでは、ダラダラ日記もこの辺で、
おやすみなさい^^。
Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
まゆさん アドバイスありがとうございます。
妹とは離れているので、どういう経緯で看護学校に入ったのかはわかりませんが、北海道はいい仕事も無いし 看護師だと女でもそこそこの給料も貰えて一人でも生きていけるからではないのでしょうか。
介護は給料安いですもんね。
妹が入学した学校はかなりの倍率があったらしいです。
学科の試験は問題無く成績も良いらしいです。
資格さえ取っちゃえば こっちのもんなんでしょうけど・・・ この前は何人か落とされたって言ってました。
親との会話で突然聞いた話で、寝耳に水だったので本人には留年の事は聞いていません。
なんか、血液センターとかの看護師は楽でイイらしいので、資格を取ってそういうとこに行けばいいんでしょうけど。
まゆさんのお話は勉強になりました。
ありがとうございますm(__)m







No title
momoさんへ♪

こんにちは、
momoさんは妹さんのことが好きなんですね。
だから冷静さをなくしてるんですよ。

看護師の私に向かって、看護師なんて、っていうのは
礼儀がないし、そんなこと私に聞かれても解決しないし、
不満をぶつけたかっただけですよね?

けど私の考えを書いてみます。お役にたてれば幸いです。

Q1、看護師なんて看護学校に入っちゃえばなれると思っていたのですが、無理なのでしょうか?

実習は、私の時代は本当に厳しいつらいものでした。

だた、今の学校は無理やり受からせるくらいの感じで、
看護学生を指導してみてても、本当にゆるいし、
こんな子が看護師になるのかあ。っていうくらい基準が甘いです。

その実習で留年するということは、
妹さんになにか原因があるのです。

momoさんは妹さんと一緒に何が悪いのかを考えてあげるといいと思います。
2回留年するということは、
自分のダメなところを理解していないからだと思います。

私の時代にも留年した人がいましたよ。

その人は人柄もよく優しい人で、1回留年して、
さらにまた留年してしまいました。

もっとテキトーで優しくない人もいるのに、受からせてあげてもいいよね
っておもっていましたが、
何か看護師になってはダメなことがあったんですね。

優しすぎても看護婦には不向きだと思います。

その落ちてしまった実習で、何がダメだったのか、
を担任の先生に聞いて、それを一緒に考えてあげてください。

今の時代、よっぽどのことがないと、実習を落としたりしないと思います。

私が知っているのは、実習にでてこない、
患者さんを危険な目にあわせてしまう
持病で突然意識がなくなる。などよほどのことです。

momoさんは学校をうらむのではなく、
妹さんを見てあげて、解決してあげてください。

自分のダメなとこは自分では分かりにくいものです。

学校にどういうところがダメなのかを聞いてみるのが
一番ですよ。



Q2看護師が足りないとか騒いでるのに落とすのはおかしいじゃないですか?

これはmomoさんも変な質問だってわかりますよね。

たとえば裁判官が足りなくって、ふツーの人が判決に参加する
裁判官制度なんてものがはじまちゃいますが、
裁判官が足りないからといって、
受かった人すべて裁判官になってもいいと思いますか?

たとえば罪人と名のつく人がすべて嫌いで、
全部を検証しないで有罪にしてしまう人が裁判官になってしまったら大変です。

だから実習があるのです。

机上だけではなくて、
その適正を判断する。

看護師に適正があるかないかを判断するのが実習です。
ただ、学校によって判断の基準は違います。

妹さんの学校はきちんとした学校なのでは?
もしも本当に看護師になりたいなら、
学校を変えてみるのも一つかもしれません。

国立よりも私立のほうがゆるいと思いますし、
私立大学は合格率を上げたいために、かなりゆるいと思います。

なんにせよ、妹さんと一緒になんでそうなったのかを、
真剣に考えてみるのが一番だと思います。

助けてあげたらいいと思います。

看護学校の先生も、なおそうとして、なおせなかった妹さんの何かを。

No title
こんにちは。
北海道の妹が20代後半から看護学校に入ったのですが、実習で二回留年しました。
看護師なんて看護学校に入っちゃえばなれると思っていたのですが、無理なのでしょうか?
看護師が足りないとか騒いでるのに落とすのはおかしいじゃないですか?
はじめまして^^! 「まゆ」です

『まゆ』

  • Author:『まゆ』



  • はじめまして「まゆ」です。
    35歳まで一人暮らしでしたが、
    36歳で結婚、38歳で出産
    今は三人暮らしになりました☆
    私41歳夫48歳姫3歳の
    晩婚晩産家族です。

    私の偏った節約生活、
    ほとんど日常を
    日記に書いていますので、
    よろしかったら、読んでくださいね☆

    看護師
    ケアマネージャー
    整理収納アドバイザー
    ファイリングデザイナー
    心理カウンセラー
    の資格持っています☆
    ようこそ、はじめまして、まゆです。

    ▽「お金一年生」に載りました☆