【ウイーンフィル】
ウイーンフィルとは
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ語:Wiener Philharmoniker ヴィーナー・フィルハーモニカー)。ドイツ語の原音から「ヴィーン~」とも→ ヴ(Vの日本語表記)参照)は、オーストリアの首都ウィーンにあるオーケストラ。世界でも最も有名なオーケストラの一つである。ウィーン楽友協会大ホール(ムジークフェラインザール)を本拠地として活動している。2006年の世界のコンサート・オーケストラ・ランク表ではトップに位置している。<出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>

ウイーン2日目。
この日は一人でウイーン観光するためのスケジュールを立て直し。
せめて同行人のホテルやチケットが返金できないかをイロイロと掛け合い
(結局できなかったけれど、パスポートが1日で作れて後からこれたので結局良かった)
夜は楽友協会にウイーンフィルを聞きにいく。という一日。

世界一のウイーンフィル、楽友協会で聞いてきました。
▽楽友協会内部。きらびやかで本当にうっとりな空間でした。
ウイーンフィル
楽友協会横


感想は、

感動。です。

「のだめカンタービレ」で指揮者から、黒い羽が舞うように見えたり、
白い薔薇が舞うように見えるような、音楽の美しさの表現していましたが、

そのシーンを思い起こさせる音楽の美しさで、
私にも指揮者やオーケストラから白い羽が舞うのが見えました。(笑)
見た、というか、空想になるんですけど、

音楽が舞っている。
広がって幸せを振りまいてる。
って感じでしたよ。

目を閉じると、本当に音楽が舞っている。
「ああ~私って、本当に幸せだ~。」

「こんな音楽を聴ける機会があるウイーンの人たちは、
本当にいいな~。」

「ニューイヤーコンサート行きたい。
一年の初めをこんなに美しい音楽で始められるって最高だなあ。」

などなど感動して聞いていて、あっという間に終わってしまいました。

ただ、残念だったのは、

アカペラの人たちとのコラボがあって、
その人たちが終わったのに、何回もアンコールでで歌って。
ウイーンフィルの音楽が少なかったことです。

私はウイーンフィルの音楽を聴きたかったのにな~。
もう、アンコールなんて一回でいいのに、3回もするなよ!

とそこだけは不満でした。

ウイーンフィルを聞く前にパリの管弦楽団を聞いたのですが、
全然美しいと思えず、「なんだ~外国って素晴らしいって聞いてたけど、感動無いな」
と思っていたのですが、

ウイーンフィルは全然違って本当に美しく、
その後に聞いたウイーンの管弦楽団も全然美しく聞こえなかったので、

「これからの私の人生、オーケストラはウイーンフィルが基準になっちゃったから、
きっとナニ聴いても美しいとおもえなくなっちゃったかもなあ」

オーケストラ日本でも聴きに行こうと思っていたけど、やめよ。
この経験だけで、私には充分。

オーケストラはもう満足って思いました。

これって、節約?

最高のものを経験し、そこで満足してそれ以上望まないようになる。

ん、良かった、私単純で
って、そこまで深い興味がなかったのかもしれませんが(笑)

おし、今日の日記は30分で書いた!よしよし。

Secret
(非公開コメント受付不可)

はじめまして^^! 「まゆ」です

『まゆ』

  • Author:『まゆ』



  • はじめまして「まゆ」です。
    35歳まで一人暮らしでしたが、
    36歳で結婚、38歳で出産
    今は三人暮らしになりました☆
    私41歳夫48歳姫3歳の
    晩婚晩産家族です。

    私の偏った節約生活、
    ほとんど日常を
    日記に書いていますので、
    よろしかったら、読んでくださいね☆

    看護師
    ケアマネージャー
    整理収納アドバイザー
    ファイリングデザイナー
    心理カウンセラー
    の資格持っています☆
    ようこそ、はじめまして、まゆです。

    ▽「お金一年生」に載りました☆