【オペラ】
ウィーンといえば、本場のオペラを見てみよう!
ということでオペラを見てきました。

結論でいえば、私はオペラは苦手です。
なにが苦手って、
美しいとは思えない大声を張り上げる歌声。
メタボな体がどうしても美しいとは思えませんでした。

メタボで王子様お姫様って言われても、
なんだか、受け入れられませんでした。

「国立歌劇場」と「フォルクスオーパー」があって、
国立歌劇場は高級で、
フォルクスオーパーのほうが民衆向けということでしたが、
民衆な私はフォルクスオーパーの講演のほうが良かったです。

国立歌劇場は歌声メインで、セットも簡素だし、演出も簡素でまったく面白いと思えず。
それよりもフォルクスオーパーのほうが、
ミュージカル的で、セットも衣装も演出も面白かったです。

見るならフォルクスオーパーのオペラ公演が私的にはお勧めでした。
▽ウィーン国立歌劇場
ウイーン国立歌劇場

▽フォルクスオーパー
フォルクスオーパー

▽フォルクスオーパー内部。
フォルクスオーパー (2)


そうそう、オペラやコンサートのチケットですが、
HISに頼むと原価の2~3倍を手数料として取られます。
これ、すごく大金です。7000円で買えるものが2万5千円とかかかって、
4枚頼んで10万円近くかかりましたもん。実際は3万円くらいなのに!!!
しかも現地受け取りなんですよ。

一枚だけ当日券で購入したんですけど、
会話本があれば、なんとか購入できるので、
現地調達がお勧めです!英語が話せるなら100%現地で買いましょ!

ウィーンフィルとかは事前に予約したほうが良いかもしれませんが、
オペラは空いているし、当日ダフ屋もいるんですよ。
ただ、席は安くても高くてもいいから、ステージの真ん中近くをとることをお勧めします。
あと各席の一番前は避けるべき。
私は最上階の一番前で、一番前は見やすいと思ったら大間違いで、前のついたてみたいのが
邪魔で普通に座っていると舞台がみえなくて、半腰状態で見るだけで疲れました。

昔オペラ鑑賞は貴族の社交場、舞台を見るよりも遠眼鏡で他の人の服装をチェックしてたり、
おしゃべりして友好深めてた。って聞きますが、まさにそのとうり、
3~5階は舞台を鑑賞するようには作られていないなあ。って思いましたもん。

ただ、真ん中はちゃんと見えるので、グーです。

私としては、
はるか昔に見た、劇団四季のオペラ座の怪人の方がよっぽど感動しました。
なのでオペラは私は好きではない。という結論でしたあ。
【ウィーン国立(宮廷)図書館】
私がウイーン見物ですごく楽しみにしていたのが、
ウイー国立(宮廷)図書館の見学です。

「世界一美しいといわれる図書館」

ただの図書館でさへ大好きなのに、
「世界一美しい」なんて、なんてすごいの、
美しいものだらけのヨーロッパで、世界一といわれるなんて、
どんだけ美しいの!

と期待に胸膨らませいってきました。

▽図書館に入るまでの階段からして、美しくて期待が膨らみました。
宮廷図書館5

▽ジャジャーン!と私の心のなかで音楽が鳴り響きましたよ。
美しい、本当に美しい、美しいのに、図書館の雰囲気は図書館のまんま。
あの気持ち良い静けさがあるのですよお。もう感動の嵐でしたよ。
「あ~幸せ、私って、幸せ!」「ものすごく幸せ!」って本当に喜びが沸いてました。
宮廷図書館1

▽天井まで積み上げられた本と、美しい天井画。
宮廷図書館2

▽美しい本棚に本がずら~り。
宮廷図書館3

▽コレが図書館ですよお。こんなにキラビヤカで落ち着かなそうなのに、
落ち着くのですよ。
宮廷図書館4


やっぱり図書館っていい!

私は本が大好きなのは紛れもない事実。
自分がなにに幸せを感じるのかを探しているけれど、

本に幸せ感じます。

そだな~本当に今月になるまで、
本はポツリポツリとしか読んでなかったもの。
しかも友達に貸してもらうという受動的なカタチで。

それが連休をもらって、
自分で本屋さんにいって、自分の読みたい本を選んで、
その本から、自分にプラスのことを教えてもらっている。
自分の好きなことをすれば、幸せなんだなあ。

好きなことをしないでも平気でいられるわけが無い。
自分偽って暮らしているんだなあ。

やっぱり、ほどほどのお金と楽しい趣味で生きられる生き方をしよう。
と思うのでした。

中央図書館の近くに住みたいな。
と何年も前から思っているけど、
交通の便が悪かったり、高かったりを考えるとなかなか踏み切れない私がおります。

けど本が大好きっていうのも、また心の問題かな。
本は沢山のことを教えてくれるけど
一方通行のもの。

そこにはナマの人との関わりがなく、
書いた人の思いと、
受ける人の思いは交差しない。

本の世界に没頭すれば、
今の現実から逃げられる。

今の現実に満たされない思いを
本の中で仮想体験し満たそうとする。

けれどバーチャルでは本当には満たされれず、
逆に欲求不満がたまっていく。

本に限らず、漫画や娯楽も一人で楽しむものは、
そうかもしれませんね。

バーチャルでは欲求不満がたまるだけになる可能性もあり。

私は恋愛モノって、漫画も本もあんまり読まないのは
欲求不満がたまるからって本能がさけてるのかな?(笑)

私の本の影響はすごい。
本に影響されて、実際にやってみて、人生良く変わっていけているとも思います。
本の中だけの空想で終わらせないで、実際にやってみることが大事だと思います。

恋愛モノも読んで実際に試してみれば、
いいものなんだろうな。

ん~だから本大好きも、良い悪いじゃあなくて、
その人次第、私次第ってことだなあ。

小さい頃の私は本の世界に逃げていた。
けど今の私は逃げるばかりではない。か。

空想の世界に逃げずに、
現実の人生に生かせれば、オッケーかなあ。

うん、そうそう、なんでも自分次第だわ。
はじめまして^^! 「まゆ」です

『まゆ』

  • Author:『まゆ』



  • はじめまして「まゆ」です。
    35歳まで一人暮らしでしたが、
    36歳で結婚、38歳で出産
    今は三人暮らしになりました☆
    私41歳夫48歳姫3歳の
    晩婚晩産家族です。

    私の偏った節約生活、
    ほとんど日常を
    日記に書いていますので、
    よろしかったら、読んでくださいね☆

    看護師
    ケアマネージャー
    整理収納アドバイザー
    ファイリングデザイナー
    心理カウンセラー
    の資格持っています☆
    ようこそ、はじめまして、まゆです。

    ▽「お金一年生」に載りました☆